ステロイドには炎症を抑える働き(抗炎症作用)、免疫抑制作用などがあります。

しかし、糖・脂質の代謝や、骨の代謝、電解質バランスに影響を与える結果、副作用があります。

ステロイドの副作用は、投与直後から現れるものと、長期投与に伴って出現するものとがあります。

ここでは、時期に応じた副作用を紹介します。

投与直後の副作用

投与直後には、高血糖や精神症状などが現れます。

高血糖

ステロイドは血糖値を上昇させる働きをします。

このため、ステロイド投与後に急に血糖値が上昇することがあります。

したがって、糖尿病の患者には、できるだけステロイドは投与しないようにします。

ただし、糖尿病であっても、ステロイドが必要な患者には、インスリンで血糖コントロールをしながらステロイドを投与することがあります。

終末期

なお、終末期(ターミナル)の患者では、厳密な血糖コントロールは行ないません。血糖値か200~250mg/dLくらいの高血糖でも、問題にすることはありません。

精神症状(不眠・せん妄)

ステロイドのせいで、不眠やせん妄などの精神症状が現れることがあります。

不眠を防ぐため、ステロイドを投与するときは、なるべく午前中に投与します。

なお、高齢者や肝機能の低下した方は、ステロイドによるせん妄を起こしやすくなります。

1~2カ月後にみられる副作用

投与を、はじめて1ヶ月から2ヶ月経つと、消化性潰瘍、易感染、ムーンフェイスなどが現れます。

消化性潰瘍

ステロイドは消化性潰瘍の副作用があります。

さらに、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と併用すると消化性潰瘍のリスクが約15倍増加するといわれています。

易感染

ステロイドは免疫抑制作用があります。

したがって、長期投与になると感染症のリスクが上がります。

特に注意が必要なものとして、結核があります。

結核にかかったことのある患者は、免疫抑制によって、結核が再燃することがあります。

満月様顔貌(ムーンフェイス)

ステロイドによって、顔や体幹に脂肪が沈着します。

いわゆる中心性肥満です(クッシング症状)。

1カ月以上ステロイドを投与すると約3割の患者でムーンフェイスを生じると報告されています。

3カ月以降の副作用

ステロイドの投与が3ヶ月以上になると、つぎの問題が起こりえます。

骨粗鬆症

ステロイドを3ヶ月以上使用すると、骨粗鬆症による骨折のリスクが上がります。

ミオパチー

ステロイドの投与が3ヶ月続くと、ミオパチー(筋疾患)が問題になります。
ステロイドによって、筋肉細胞が分解され、筋肉が萎縮します。
ステロイドを長期間使用している患者が、筋力低下が目立ち動けなくなったときは、ステロイドミオパチーが疑われます。