ここでは、トレード(FX)で生き残るための思考法を紹介します。

まず、トレードをする人は、思考によって、大きく2種類のタイプに分かれるようです 。

トーナメント型の思考をする人と、リーグ戦型の思考をする人です。

トーナメント型

トーナメント型の思考は、ひとつひとつのトレードを、全て勝つことに拘ります。

このような全勝を狙うやり方は、トレードを継続するのは難しいと言われます。

「負けたくない」という気持ちが強いため、損切りが遅れ、大きな損失を発生させ、資金を失いやすいからです。

いわゆる「コツコツ、ドカン」で、退場をくらってしまいます。

リーグ戦型

これに対し、リーグ戦型の考え方は、トータルでプラスを狙います。

ひとつひとつのトレードの勝敗には拘りません。

このタイプの人は、負けること(損切り)を覚悟しながらトレードするので、売買数量を大きくして、一か八かの大勝負をするようなことはしません。

小さな利益をコツコツと積み重ねます。

相場で長く生き残れるのは、このリーグ戦型の思考をする人です。

生き残ってさえいれば、いつか、大きな波がやってきたときに、きっと、大きな利益を手にすることができます。