損切りの設定ポイント

今回は、損切りの設定ポイントを勉強したので、ご紹介します。

損切りとは

損切りとは、負けを確定させる決済です。

負けを確定させるわけですから、なかなか「えいっ」とは、できないものです。

しかし、損切りによって、損失をふくらませずに済ませることができます。

トレードでは、必須の行動でしょう。

どこで損切りするか

重要なのが、どのタイミングで損切りするかです。

一般には、主観をはさまず、なるべく客観的に実行できるルールが望ましいと言われています。

たとえば、つぎのような損切りの方法があります。

・トレンド相場のときは、トレンドラインを割ったら損切りする

 

・レンジ相場のときは、高値と安値の外側に設定する

どれくらい外側に、損切りラインを設定するかは、

・資産が1%減少するライン とか、

・資産が1万円減少するライン とかいうように、

割合や額で決められます。

あとは、これを淡々と、冷酷に、そして無慈悲に実行するのです。

おすすめは、自動注文を設定することです。

チャートをみる手間も省けますし、ストレスも感じにくいでしょう。