LISKの保有で得られるVOTE報酬の利率について紹介します。

まずは、VOTE報酬の仕組みから解説しましょう。

VOTE報酬の仕組み

LISKは、取引を承認する人が101人います(いわゆるデリゲータ)。

その101人は、投票(VOTE)によって選ばれます。

デリゲータは、取引を承認することで、新規発行されたLISKを獲得します。

これはブロック報酬と呼ばれます。

ブロック報酬は、現在、4LISKです。

そして、デリゲータは、投票した人に、お礼として、LISKを分配します。

デリゲータから貰えるLISKは、VOTE報酬と呼ばれます。

デリゲータはVOTE報酬をあげる義務はないのですが、101人に選出されるための手段として、VOTE報酬を配っています。

なお、一人がVOTEできるのは101人までで、101人にVOTEすると、4LISK消費します。

VOTE報酬の利率(どれくらい儲かるのか)

私も、定期的に、VOTE報酬をもらっています。

※VOTEのやり方は、Lisk Hubという、Liskの公式ソフトウェアを使います

ここでVOTEするかどうかを判断するのに必要な情報は、利率がどれくらいなのか? ということでしょう。

私の例ですが…

およそ4ヶ月で、だいたい3%でした。

つまり、LISKの枚数が、約4ヶ月で3%増えたことになります。

これは、年率で約9%になります。

もし、みなさんの中に、LISKを保有しているが、「取引所に置きっ放し」という方がいらっしゃったら、VOTE報酬を検討してみては、いかがでしょうか。

ちなみに、今後、LISKは、ブロック報酬が減少します(4LISK→3LISK)

目安は、10月31日です。

カウントダウンサイトはこちらから。

http://www.liskdelegate.io

ブロック報酬が下がるということは、ブロック報酬を売る圧力が下がるという見方から、(保証はできませんが)価格が上がりやすくなります。

今後のLISKに期待しましょう。