仮想通貨(暗号通貨あるいは暗号資産とも)では、FXが可能です。

ここでは、FXでよく目にする「差金決済」という言葉を解説します。

差金決済

FXでは、取引に必要な投資総額の全部を負担するのではなく、取引から発生する利益や損失だけを、証拠金から清算することで取引できます。

たとえば、自己資金10万円を元手に、FXを始めたとします。

1BTCが50万円のときに、1BTC買えば、投資総額は50万円になります。

もし1BTCが51万円になれば1万円の儲けとなり、元手の証拠金は11万円に増えます。

逆に49万円になれば1万円の損失となり、証拠金は9万円に減ります。

このように取引で生じた損益だけを証拠金から清算することを「差金決済」と呼びます。