レンジ相場の見分け方

相場は、トレンド相場が3割、レンジ相場が7割と言われます。

仮想通貨も例外ではないでしょう。

トレンド相場は、利益が出しやすい一方、レンジ相場は、利益を出すのが難しいと言われます。

今回は、レンジ相場の見分け方について勉強したので、紹介します。

レンジ相場

レンジ相場は、視覚的には、こんな感じです。

見分け方

見分け方は、主に2つです。

1.ボリンジャーバンドで見分ける

これは、ビットコインの1時間足のチャートです。

ボリンジャーバンドの、上下のラインが水平になり、ミドルラインが横ばいになったところを、レンジ相場と判断します。

2.移動平均線で見分ける

上のチャートと同じ場面です。

複数の移動平均線(期間10、20.40)を表示しています。

複数の移動平均線が収束しているとき(束のように見えるとき)を、レンジ相場と判断します。