トレードスタイルには、3つの主なカテゴリー分類があるようです。

簡単に紹介します。

トレンドフォロー型

メジャートレンドの方向に沿ってトレードを行うスタイルです。

相場が底を打ったときに買い、天井を付けたときに売ります。

移動平均線がよく用いられます。

比較的、利益を出しやすいスタイルです。

カウンタートレンド型

支持線(サポートライン)や抵抗線(レジスタンスライン)を用いる手法です。

支持線まで下落したら買い、抵抗線まで上昇したら売ります。

カウンタートレンド型には、ほかにも、押し目買いや、戻り売りを用いる手法もあります(リトレースメント)。

さらに、オシレーターを用いる手法もあります。テクニカル指標を参考に、売られ過ぎのときに買い、買われ過ぎのときに売ります。

難易度は高めです。

パターン把握型

ヘッド・アンド・ショルダー(三尊)などを視覚的に把握する方法や、季節性の価格変動の傾向を利用する方法などがあります。