ビットコイン価格と恐怖指数VIXの関係

今回は、「ビットコイン価格」と「VIX」のお話です。

VIXとは

VIXは、「CBOEボラティリティ指数」のことで、「恐怖指数」とも呼ばれている指標です。

投資家の不安が高まるほど、VIXの値も上がります。

ざっくりというと、VIXとは、株価の全体的な下落に対する防衛策(保険)の値段を表します。

より詳細に言えば、VIXの値は、S&P500指数を対象としたオプションの価格を、相対的に表したものです。

参考
S&P500指数は、スタンダード・アンド・プアーズ社が算出している、アメリカの主要な株式指数です。S&P500指数のオプションは、CBOE(シカゴオプション取引所)というデリバティブ取引所で取引されています。

プロの投資家が、どれくらい先行きに恐怖(不透明感)を感じているかが、VIXに示されます。

VIXの動きを、株の売買に役立てている人は多いと言われます。

ビットコイン価格とVIX

ここで、ビットコインの値動きと、VIXの動きとを比べてみましょう。

過去のチャートで比べてみます。

VIXを黄色いエリアで示しています。

これを見ると、ビットコインとVIXとの間に、おおまかですが、逆相関の関係があることが分かります。

逆相関の理由はいろんな考察があり、調べてみると面白いと思います。

仮想通貨の投資家の中には、VIXを利用した「VIX投資戦術」なる手法を取る人もいるようで、VIXを参考にエントリーポイントを見つけるみたいです。

ただ、あくまでも参考指標なので、仮想通貨のトレードをするときは、VIXのことを、頭の片隅に置いておく程度に留めるのがよいでしょう。

なお、いまはVIXは急上昇しています。株式市場が荒れていますからね。

もしもVIXが下落しはじめたら、ビットコイン価格は上昇するかもしれません。