リップルを買うならビットバンク

今回は、リップル社のXRP (現物)を買うなら、どこの取引所がよいのかを、書いてみます。

XRPの現物を買える業者

いま、リップル(XRP)を買える代表的な国内事業者は、GMOコイン、SBIバーチャル・カレンシーズ、ビットバンクあたりが代表的ですね。

いまのところ、

GMOコインとSBIバーチャル・カレンシーズはリップルを販売し、

ビットバンクはリップルの板取引を提供しています。

GMOとSBI

両業者の取引画面を見て比べてみました。

GMOコインのスプレッドは4円弱でした。

SBIのスプレッドは1.7円でした。

これをみると、SBIで購入するのが良いように思われました。

しかし!

さすがのSBIでも、板取引には、かないません。

ビットバンク

ビットバンクの板取引の画面を見てみました。

わずか0.1円の範囲内に、多くの枚数の売り注文が存在していました。

つまり、ビットバンクなら、スプレッドは無いに等しいということです。

みなさんも、リップルを買うなら、板取引のビットバンクがおすすめです。

ちなみに、ビットバンクのキャッチコピーはこんなのです。

『トレード体験をさらなる高みへ』

以上、おすすめの事業者の紹介でした。