仮想通貨市場で平常心を保つには?

仮想通貨の市場には、私利私欲のために参加するプレイヤーが大勢いる。

市場は、プレイヤーたちの「期待」,「希望」,「恐怖」,「不安」といった心理によって動いていく。

これといった法則は存在せず、なにが起こるかまったくわからない。

最悪の事態が、頻繁に発生する。

予定調和的なものは、何もない。

つねに勝者と敗者が生まれる。

…そのような修羅場に私たちは参加しているのである。

明鏡無心

禅の言葉に「明鏡無心」という言葉がある。

曇りのない鏡が外界のあらゆる変化を映すように、我欲や執着のない無心の心があれば、何事も透き通って見ることができるという意味である。

この教えは、無心の境地で世の中を見れば、そこにある真理が見えると説いている。

「そんなこと起こるはずがない」

「こんな値動きはありえない」

心の中でいくら叫んでも、目の前で起きていることこそが、真実なのである。

私利私欲に目がくらんだときには、禅の教える「明鏡無心」の境地を想起することが大切である。