移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス投資法

今回は、複数の移動平均線を利用した投資法(トレード手法)がテーマです。

仮想通貨や株の投資(トレード)で有効な手法です。

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の価格の平均値を、線としてつなぎ合わせた指標です。

移動平均線は、今後の値動きを予測することができるといわれる、テクニカル指標です。

移動平均線はあまりにも有名なので、多くの投資家に利用されています。

このため、移動平均線の理解は重要になります。

日足のチャートでは、5日移動平均線(短期目線)25日移動平均線(中期目線)75日移動平均線(長期目線)を使うことが多いようです。

大まかな使い方は、現在の価格が、移動平均線の「上にあるか下にあるか」を見ます。これによって買い傾向か、売り傾向かをを確認することができます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

さらに、売買のタイミングを測るためのサインとして、ゴールデンクロスデッドクロスと言うものがあります。

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が、中期の移動平均線を下から上へとクロスしたタイミングが、買いサインというものです。

一方で、デッドクロスは、短期の移動平均線が、中期の移動平均線を上から下へとクロスしたタイミングが、売りサインというものです。

そして、短期の移動平均線が、長期の移動平均線ともクロスしたときは、買いあるいは売りの強いサインとなります。