ニュースとトレードの関係についての注意事項を、いくつか勉強したので、今回は、そのまとめです。

ぜひ、ファンダメンタルズ分析のときの参考にしてください。

自分が最初に知るということはない

どんな情報も、自分が最初に知る、ということはまずありません。

ニュースは、一般トレーダーに届くころにはすでに過去のものになっているからです。

優れたトレーダーたちは、すでに動いています。

一般トレーダーは、市場が「暴騰」あるいは「暴落」するのを見て、なぜこうなるのだろう、と不思議に思い、あとでニュースを知って、そうだったのか、と理解します。

ニュースに反応して価格が急上昇しても、それを追っかけてはいけないのです。

市場がニュースを消化して、落ち着きを取り戻すのを待つことが大切です。

けっして感情で動かず、市場が落ち着いてから、正しい方向を見極めるのがベストです。

慌てて動けば必ず後悔することになります。

噂で買って、事実で売る

期待感で買われたものの、実際にその内容が発表されると、そのニュースの材料性はその時点で消えてしまいます。

そのとき、あらかじめ仕込んでいた有能なトレーダーは、「ごちそうさま」 と いって、売り抜けてしまいます。

これは「噂で買って、事実で売る」と呼ばれます。

ニュース発表前にはポジションをフラットにする

あらかじめ、発表が分かっているニュースがあるのなら、ポジションを解消しておくほうがよいです。

ニュースの発表後に、市場がどう動くかはまったく分からないからです。

そういった状況下では、ポジションを保持していても、リスクが増すだけです。

ニュース後の動きを予測してはいけません。

それはトレードではなく、ギャンブルになってしまいます。