血液検査と基準範囲の雑学

血液検査と基準範囲についての雑学をご紹介します☆

健康診断を受けるなどして、血液検査の結果が返ってくると、かならず、検査結果の横に、数値範囲が書かれていますね。

たとえば、こんな感じでしょうか。

この数字の範囲は、『基準範囲』と呼ばれます。

さて、この基準範囲は、どのように求められているのでしょうか?

実は、この基準範囲は、ざっくりと言えば、

「健常そうな人を集めて、約95%の人が含まれる範囲」です。

 

より具体的に言えば、検査データの平均値に、2×標準偏差(±2SD)を加えた範囲です。

なので、健常人のうちの約5%は、基準範囲から外れる設計となっています。

「健康な人でも、基準範囲を外れることがある」ということなので、基準範囲を外れても、それが異常を意味するわけではないということになります。