ソクラテス「無知の知」

高校生のとき,学校の先生から,この言葉を教わりました.

 

無知の知

 

『自らの無知を知る』,

すなわち,

『自分が何も知らないということを自覚する』

これが真の認識に至る道であるという考え方です.

ソクラテスによる言葉だそうです.

ちなみに,この言葉は、「無知の知」ではなく,「不知の知」という表現が正しいという説もあるようです.

この言葉は,かなり時間が経った今でも,私の記憶に残り続ける良い言葉です.

なお,ソクラテスの弟子のプラトンは,哲学者は全知者と無知者との中間者である、と言ったそうです.

考えてみれば,全てを知っている者は,探求を始めないでしょう.

他方,何も知らない者が,探求を始めることもないでしょう.

探求するには既に何か知っているが,そこには,知らない部分がある必要があります。

無知を自覚することは,様々な事柄について,思考の出発点となる鍵なのかもしれません.