資産運用をお任せできる「ラップ口座」は手数料が高いが,きちんと利益が出ているものもある。

先日,銀行の窓口に,資産運用の説明を聞きにいったのですが,

そのとき,いわゆる「ラップ口座」の説明を受けました.

ラップ口座とは,個人が,証券会社や銀行などの金融機関にお金を預け、資産運用をお任せするというもので,いま,けっこう流行しているようです.

ラップ口座の契約残高は,2018年度末で8兆8272億円.
前年度比で11%増え,7年連続で過去最高を更新(ただし伸びは鈍化).
参考:日経「ラップ口座残高、過去最高の8.8兆円 伸びは鈍化

ラップ口座、資産運用
https://www.quick.co.jp/3/article/13412より引用

このラップ口座,自分は何もしなくていいということで,

ラクそうだなぁ

とは思いましたが,パンフレットを見ると,その中身は,けっこうあいまいで…
しかも手数料が,だいたい年1.5-2.0%+αと書いてありました.

これは10年預けていたら,原資の15~20%+αがもっていかれるということになります.

この点については,ネットで調べてみると,

「ラップ口座は手数料を取りすぎ!」

という厳しい指摘が多かったです.

ラップ口座よりは,

自分で手数料の安い投資信託を組み合わせたほうが良い

という意見が多いように感じました.

とはいえ,肯定的な意見を探してみると,ラップ口座で儲かっているという人もいるようで,結果論ですが,必ずしも「ラップ口座」=「駄目」とは言えないみたいです.

参考:週刊現代「波乱相場とは無縁…! 年利15%「ラップ口座」で得する人が続出中

ものによるということなのでしょう.

そこで,もっと調べてみたところ,ファンドラップについては,金融庁から,運用損益別顧客比率(運用損益率0%以上の顧客割合)が公表されていました.

 

金融庁が公表しているファンドラップの運用損益別顧客比率(運用損益率0%以上の顧客割合)
金融庁が公表しているファンドラップの運用損益別顧客比率(運用損益率0%以上の顧客割合)

 

上から書くと…

  1. 山陰合同銀行 94%
  2. ごうぎん証券 89%
  3. 埼玉りそな銀行 88%
  4. 関西みらい銀行(旧近畿大阪銀行) 86%
  5. 三菱UFJ信託銀行 83%
  6. りそな銀行 83%
  7. 大和証券 74%
  8. 楽天証券 72%
  9. 水戸証券 62%
  10. いちよし証券 61%
  11. GAIA 59%
  12. SMBC日興証券 54%
  13. 愛媛銀行 54%
  14. 東海東京証券 53%
  15. 三井住友信託銀行     45%

基準日は19年3月末 で,19年6月末までに金融庁に報告があった金融事業者(15先)の公表データを集計したものだそうです.

銀行や証券会社によって,はっきりと明暗が分かれる結果となっていますね.

こちらの情報も参考にしながら,投資判断をしたいものです.