ぜんざいの名前の由来

雑学です.

「ぜんざい」ってありますね.

実はぜんざいは,もとは別の名前で呼ばれていたそうです.

10月は日本中の神さまたちが出雲大社に集まるため,出雲地方では「神在月」と呼ばれていました.

このとき,出雲地方では「神在祭(かみありさい)」が行われ,小豆の雑煮「神在(じんざい)餅」が振る舞われたそうで…

出雲弁(ズーズー弁)ならではの訛りから「ずんざい」→「ぜんざい」となって,京都に伝わったと言われています.