業務を効率化したら人員が削られる危険あり?

最近は,日本の労働者の生産性が低いことが話題ですね.

生産性が低くなっている原因については,算出方法などを含めて,さまざまな見解があるところですが…

とにかく,いまの日本社会全体に,生産性を高めることが大事という意識が広まってきているのは事実でしょう.

わたしの職場でも,ついに,トップから,職場全体に対して,『生産性を上げるべし』という指示が出ました.

指示といっても,「具体的な方法は各部署で考えてね」という感じですが,まぁ,言われたからには,何もしないわけにはいかないという感じです.

しかし,これについて,ぼんやりと考えてみたところ,「業務を効率化する」とは,最後には人員削減につながるリスクがあるんじゃないかなぁ? と思うんですよね.

効率化したら,部署全体の残業時間が減るわけで,そうなれば,事務方に,人員削減の理由を与えてしまう可能性があるわけです.

それを見越してしまうと,業務を効率化するモチベーションは出てきにくいのではないかと思ったのです…

こういう問題について,ほかの企業では,どのようにマネジメントされているのでしょうか?

ものすごく興味があるところです.