細菌の抗菌薬への耐性メカニズム

抗菌薬の耐性メカニズムには、つぎのような種類があります。

菌によっては、複数の耐性機構をもつことがあります。

抗菌薬の分解

抗菌薬が、菌の産生する酵素(ベータラクタマーゼ)で分解され、不活化されてしまいます。

たとえば、ペニシリナーゼによるべニシリンの分解が挙げられます。

なお、近年は、ベータラクタマーゼ産生による耐性菌が問題化しています。

特に問題化しているものには、つぎのものがあります。

・基質拡張型ベータラクタマーゼ(ESBL)
・メタロベータラクタマーゼ(MBL)
・AmpC型ベータラクタマーゼ

抗菌薬の修飾

抗菌薬が、菌の産生する修飾酵素で低分子を付加されると、酵素への親和性を失ってしまいます。

たとえば、アセチル化によるカナマイシンの不活化が挙げられます。

作用点の質的変異

標的酵素が変化すると、薬剤への親和性を失ってしまいます。

たとえば、つぎのようなものがあります。

・PBPの変異によるペニシリン系やセフェム系などへの耐性
・DNAジャイレース(トポイソメラーゼI)の変異によるキノロン耐性
・RNAポリメラーゼのβサブユニットの変異によるリファンピシン耐性

標的酵素の量的変異

標的酵素が多量産生されると、標的酵素の全てを薬剤で失活させられなくなってしまいます。

たとえば、腸球菌PBPの過剰産生によるべニシリン耐性が挙げられます。

抗菌薬の流入阻害

薬剤の透過孔(ポーリン孔)または輸送系が変異すると、薬剤が菌体内に入らなくなります。

例えば、緑膿菌のポーリン孔欠損株は、イミペネム耐性となります。

抗菌薬の排出

排出ポンプの存在により、いったん菌体内に入った薬剤が、排出されてしまいます。

たとえば、多剤耐性緑膿菌(MDRP)はこの機構を有していると言われます。

なお、薬剤耐性菌の種類を別に紹介しています。

薬剤耐性菌の種類