エンドトキシンについて

エンドトキシンの定義

エンドトキシンとは、グラム陰性菌の菌体にある耐熱性の毒素です。
“endo”は「内」を意味する接頭辞、“toxin”は「毒」「毒素」を 意味する英語です。

エンドトキシンの解説

毒素であるエンドトキシンは、リポ多糖体です。

エンドトキシンには、発熱作用、ショックの惹起、マクロファージの活性化、補体の副経路の活性化、DICの誘導、アジュバント効果、マイトジェン効果、サイトカイン産生誘導など、さまざまな影響をもたらします。

基準値は、およそ5pg/ml~10pg/ml以下です。