尿浸透圧の測定方法

浸透圧は、水分摂取と抗利尿ホルモン(ADH)を介した尿量により調節されている。

健常人は、尿の浸透圧を、50~1,200mOsm/L 程度まで、希釈〜濃縮できる(幅が広い)。

測定方法は、氷点降下法または蒸気圧法が用いられる。

氷点降下法

結氷した試料を融解して測定する。

蒸気圧法

蒸気圧による露点の変化を測定する。

 

なお、尿の浸透圧の測定方法について、第66回臨床検査技師国家試験問題の午前 問1に出題されている。