病院では患者が死ぬ前に、『死亡届』と『死亡診断書』が準備されている。

ある病院の話である。

仕事で患者のカルテを閲覧していると、死期の迫った患者(主には、末期ガン患者や、病院に長期入院し衰弱している患者などである)について、

医師が、患者が実際に亡くなる前に死亡届死亡診断書を準備しているのを、よく見かける。

患者の氏名や死亡理由となる病気などをあらかじめ書いておき、実際に亡くなったときには、死亡日時を記載するだけ、といったような状態にしておくのである。

医師にとっては時間の節約のつもりかもしれない。

合理的であると思う。

しかし、「患者本人やその家族が、その事実を知った場合、気分を害するのではないか? そんな行為は、やめた方がいいのではないか?」とも考える。

難しい問題である。

この準備行為は、ほかの病院でも広く行われている行為であると予想される。

みなさんは、どう思うだろうか。