日本でインフレが起きないことと自己肯定感の低さ

安倍政権以降、物価2%上昇を目標にしていた日本。

しかし、なかなかインフレが進みません。

ふと思ったことですが、、、

その原因に、日本人の自己肯定感の低さがあるかもしれません。

内閣府の調査では、日本人は、国際比較で、自己肯定感か低いのですね。

私なんか大したことない

私は周りより劣っている…

こんなふうに自己肯定感が低いということは、自分の価値を低く見積もることてす。

これは就職や転職で、給与を高くするように交渉できないことにつながったり、

また、たとえば、パン屋さんが、パンを売る時。

「自分のパンは、めちゃめちゃ美味しいわけではないから…」

と考え、一個200円で売ればいいところ、150円に設定してしまう、というようなことがありそうです。

ひょっとしたら、実は、日本人の自己肯定感を上げれば、日本の物価は上がるのではないか…?

そんなことを思ったのです。