死から隔絶された近代社会

連日、コロナの死亡者数が報じられています。

 

これほど、死を意識する現状は、特殊と言えるかもしれません。

 

ところで、コロナ禍によって、現代社会が『死』から隔絶された社会であるという認識が強まったように思います。

 

すなわち、現代では、人間-大半は高齢者-に訪れる『死』は、病院という社会から隔絶された場所で迎えられ、その現場や経過において、一般的な若者や中年世代の人々には、距離感の遠いものとなっています。

その背景には、高齢化と、地域の中でのつながりの希薄化と、医療の進歩、今と昔の死因の変化などがあるでしょう。

 

データ

1951年には、自宅での死亡は82.5%でしたが、2009年には、わずか12.4%に激減しています。

代わりに病院での死亡が9.1%→78.4%と激増しました。

厚労省ウェブサイトより引用

表 死亡の場所別にみた死亡数・構成割合の年次推移

年次 総数 病院 診療所 介護老人
保健施設
助産所 老人
ホーム
自宅 その他
死亡数
1951 昭和26年 838 998 75 944 21 511 261 691 901 49 381
55 30 693 523 85 086 21 646 402 533 098 53 291
60 35 706 599 128 306 25 941 791 499 406 52 155
65 40 700 438 172 091 27 477 774 455 081 45 015
70 45 712 962 234 915 31 949 428 403 870 41 800
75 50 702 275 293 352 34 556 193 334 980 39 194
80 55 722 801 376 838 35 102 30 274 966 35 865
85 60 752 283 473 691 32 353 10 212 763 33 466
90 平成 2 年 820 305 587 438 27 968 351 2 177 657 26 889
95 922 139 682 943 27 555 2 080 2  14 256 168 756 26 547
2000 12 961 653 751 581 27 087 4 818 2 17 807 133 534 26 824
05 17 1 083 796  864 338  28 581  7 346 3  23 278  132 702  27 548
07 19 1 108 334  879 692  28 505  9 232 1  28 247  136 437  26 220
08 20 1 142 407  897 814  28 946  10 921  33 128  144 771  26 827
09 21 1 141 865  895 356  27 802  12 600 2  36 814  141 955  27 336
構成割合(%)
1951 昭和26年 100.0 9.1 2.6 0.0 82.5 5.9
55 30 100.0 12.3 3.1 0.1 76.9 7.7
60 35 100.0 18.2 3.7 0.1 70.7 7.4
65 40 100.0 24.6 3.9 0.1 65.0 6.4
70 45 100.0 32.9 4.5 0.1 56.6 5.9
75 50 100.0 41.8 4.9 0.0 47.7 5.6
80 55 100.0 52.1 4.9 0.0 38.0 5.0
85 60 100.0 63.0 4.3 0.0 28.3 4.4
90 平成 2 年 100.0 71.6 3.4 0.0 0.0 21.7 3.3
95 100.0 74.1 3.0 0.2 0.0 1.5 18.3 2.9
2000 12 100.0 78.2 2.8 0.5 0.0 1.9 13.9 2.8
05 17 100.0 79.8 2.6 0.7 0.0 2.1 12.2 2.5
07 19 100.0 79.4 2.6 0.8 0.0 2.5 12.3 2.4
08 20 100.0 78.6 2.5 1.0 2.9 12.7 2.3
09 21 100.0 78.4 2.4 1.1 0.0 3.2 12.4 2.4

 

注: 平成2年までは老人ホームでの死亡は自宅又はその他に含まれている。

 

おそらくは、昔は口から食事を取れなくなったら死に向かうだけだったのが、現代では、胃ろうや栄養チューブ、点滴など、延命する手段が発達したことが主要因かと思われます。

 

昔だと、 「近所のおじいさんが肺炎をこじらせてもうすぐ死にそうだ」となれば、その情報は地域に伝わり、人々は『死』というものを身近に感じたことでしょう。

それが、現代になり、これから死にそうな人や死にゆく人を目の当たりにする機会がほとんどなくなりました。

現代では、若者が死を意識する状況があるとすれば、祖父母の死くらいでしょうか。

ほかにも、自宅での葬式も減りましたね。

多くは、葬儀場で行われています。

これも、死との距離が遠くなっている一因かもしれません。

 

では、もっと『死』が身近に感じられる世の中になれば良いか?というと、そんな感じもしないわけで。。。

 

しかし『死』が、ほぼ完全に社会から隔絶されている現代も、いかがなものかと思ってしまいます。