夏のショートブーツとショッピングサイト

八月中旬の暑い頃でしょうか。

電車で、19〜20才くらいかなと思われる女の子の2人組を見かけました。

その子たちは、ショートパンツに、黒のショートブーツを合わせて履いていたんですね。

それを見かけて、暑いのにショートブーツか、きっと蒸れてそうだなぁなんて変なことを思いつつも、

何気なくそちらに視線をやる私でしたが、しばらくして、たまたまスマホを手に持っていた私は、なんとなく、ショートブーツと検索をかけてしまいました。

 

そうすると、けっこう、ショートブーツのみの画像のほかに、女性がショートブーツを履いている脚の画像が出てきたりします。

ショートブーツ単体の写真よりも、脚も写っているほうが、よい写真に感じられます。

ですが、購入希望の女性にとっては、人が履いている写真のほうが、興味を惹くのかどうかはまったく分かりませんね。

少なくとも言えることは、優れた脚が写っている写真であれば、男性のクリック率は高そうだ、ということでしょうか。

 

ところで、ファッションサイトで、[下着]と検索をかけると、下着を着た女性モデルの写真が大量に出てきたりするわけですが、これはこれで、教育上の観点から、はたして、いかがなものか、なんて思ったりもするのですよね。