ポストアンチバイオティックエフェクトとは?(PAE)

ポストアンチバイオティックエフェクトとは、患者に薬剤を投与するときに、投与のタイミングに時間的な間隔を設けた場合でも、前回に投与した薬剤の効果が残っていることを意味します。

これにより、投与間隔が長い場合でも、薬剤の効果が加算されていくというメリットがあります。

核酸や蛋白の合成阻害剤にこのPAEがあり、たとえば、アミノ配糖体、キノロン、マクロライド、テトラサイクリン系の薬剤には、PAEがあります。

また、βラクタム剤では、グラム陽性球菌には、PAEがあることが知られています。