薬物の正作用、副作用、有害作用、中毒作用とは?

薬物の作用には、「正作用」と「副作用」とがあります。

正作用

正作用とは、疾患の治療や予防の目的で常用量投与したときに現れる薬理作用であって、薬物の投与目的に合った作用のことをいいます。

副作用

これに対し、副作用とは、正作用以外の不必要な作用のすべてをいいます。

有害作用

薬物の「有害作用」とは、薬物の副作用のうち、有害で意図しない作用をいいます。

中毒作用

中毒作用とは、有害作用のうち、特に、薬物の過剰投与による作用をいいます。