血液ガスのパラメータに、ベース・エクセス(base excess:BE)があります。

定義

BEベースエクセスは、「体温37℃ , pCO2が40Torrにある血液をpH7.40に戻すために必要な塩基の量」を表します。

計算方法

BEは、つぎのSiggaard -Andersenの式を使って算出されます。

BE =(1−0.014×Hb)×{[HCO3]−24+(9.5+1.63×Hb)×(pH-7.4)}

基準範囲

基準範囲は、0±2mEq/Lです。

意義

生体内で緩衝に関与しているのは、代謝性因子と呼吸性因子とがあります。

BEは、「PaCO2 が 40Torr のとき」という条件をつけることで、呼吸性因子の影響を除外しています。

つまり、BEは、呼吸性因子を一定と仮定することでその影響を除外し、血液のpHにかかわる代謝性因子のみを量的に表現します。

BEがマイナスの場合は塩基不足(代謝性アシドーシス)、プラスの場合は塩基過剰(代謝性アルカローシス)を意味します。

BEが実測値ではない理由

代謝性因子の指標は、HCO3のほかにも、血色素(ヘモグロビン)、血漿蛋白質(アルブミンなど)、リン酸塩などがあります。

しかし、血液ガスの測定装置では、全ての代謝性因子を直接測定できません。

そこで、赤血球による緩衝系(ヘモグロビン値:Hb)を加味して、代謝性因子の全体の変化量を計算で間接的に求め、BEとしています。

BEの解釈の注意点

上に述べたように、BEは呼吸性因子の影響を除外しています。

したがって、BEのみで酸塩基平衡の全体を評価することはできません。

参考:重炭酸イオンによるアシドーシスの補正

酸血症すなわちアシデミア (pH<7.35)で、かつBEがマイナスのときは、塩基が不足している代謝性アシドーシスといえます。

このとき、その分のアルカリを加えてpHを7.40に近付けて補正することができます。

通常は重炭酸ナトリウムを投与します。