エリオット波動理論の解説

今回のテーマは、エリオット波動理論です。

エリオット波動理論

前回紹介したダウ理論は、のちの理論に大きな影響を与えました。

その中でも、大きな支持を得た理論の一つが、ラルフ・N・エリオットが見出した株の値動きの法則です。

それは、The Wave Principal (波動理論)と称する論文にまとめられています。

ここでは、その基本原理を見てみましょう。

5つの波と3つの波

エリオット波動理論によれば、市場の動きは5つの波と3つの波の反復で構成されます。

5つの波は推進波と呼ばれ、3つの波は調整波と呼ばれます。

図は、上昇トレンドのパターンを示しており、5つの上昇波(1~5)と3つの下降波(A~C)からなります。

なお、下降トレンドのときは、パターンは逆転し、5つの下降波と3つの上昇波からなります。

小規模な波に分解できる

エリオット波動理論では、それぞれの波は、より小規模な波に分解されます。

なお、これらの小規模な波も、さらに小規模な波に分解されます。

推進波の基本ルール

5つの波からなる推進波には、基本ルールが三つ存在します。

それは、つぎのルールです。

一 2波の終点は、1波の始点を下回らない

二 1波、3波、5波のうち、3波は一番小さくならない

三 1波と4波は重複しない

エリオット波動理論の適用          

エリオット波動理論を適用するときは、1つ波動が進むごとに、次の波動の終点を予想していきます。

そうすることで、市場の将来の方向性をある程度、予測することができます。

とはいっても、あくまでも理論です。

必ずしも、理論通りにはならないということは、注意すべきでしょう。

また、もう一つ注意すべきことは、波の解釈には、通常、2つ以上の解釈が存在することです。

したがって、各解釈の確率を慎重に評価することが重要と言われています。