成行注文・指値注文・逆指値注文の解説

仮想通貨の注文方法について、もっとも基本的な3つの注文方法を紹介します。

・成行注文(なりゆきちゅうもん)

・指値注文(さしねちゅうもん)

・逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

成行注文

成行注文は、好きなタイミングで決済する注文方法です。

簡単な注文方法ですが、注意すべきことは、注文価格と約定価格との間に差が生じやすいことです。

この差は、「スリップページ」と呼ばれています。

相場の急変時にスリッページは広がりやすくなります(損する)。

指値注文・逆指値注文

つぎに、指値注文と逆指値注文です。

イメージは、つぎのとおりです。

指値注文は、先に、約定価格を決めておく注文方法です。

原則、指定された値段で約定されます。

他方、逆指値注文も、指値注文と同じように、先に約定価格を予約しておく注文方法です。

ただし、逆指値注文は成行注文として執行されます。

これは、スリッページが発生しやすいということを意味します。

そのため、逆指値注文は、

気がついたら予定よりも大きな損失(あるいは含み損)が発生……

なんてことがあり得るわけです。

逆指値注文をするときは、この点に注意しましょう。