定義

微生物学的ブレイクポイント(細菌学的ブレイクポイント)とは、希釈法により測定したMIC値において、抗菌薬の効果が期待できるMIC値と、期待できないMIC値との分岐点を意味します。

微生物学的ブレイクポイントは、臨床微生物の分野では、CLSIがブレイクポイントの設定に参考にしていることで知られています。

補足

微生物学的ブレイクポイントの設定するときは、まず、特定の菌種の菌株を多数用意し、抗菌薬のMIC値を、各株について詳細に測定します。

そして、MIC値を横軸にし、菌株の数を縦軸にして棒グラフを作成すると、原則として、MICの分布は、二峰性を示します。

原則的には、この分岐点を、感性側と耐性側を分けるブレイクポイントとして設定します。

なお、MIC値の分布が連続的になる場合(二峰性を示さない場合)は、薬剤耐性の原因を調べ、その結果を考慮してブレイクポイントを設定します。