セリンβラクタマーゼとメタロβラクタマーゼの違いとは?

βラクタマーゼは、ペニシリンやセファロスポリンなどのβラクタム剤を分解する酵素です。

構造上、下記の二つに分類されます。

セリンβラクタマーゼ

セリンβラクタマーゼは、セリンを中心に持つ酵素です。

Amberの分類によれば、遺伝学的に、クラスA、C、Dに分けられます。

クラスAは、ペニシリナーゼに相当します。とくにセフェム系薬剤をも分解するクラスAのセリンβラクタマーゼはESBLsと呼ばれています。

クラスCは、セファロスポリナーゼに相当します。

クラスDは、オキサシリナーゼに相当します。

メタロβラクタマーゼ

メタロβラクタマーゼは、亜鉛を中心に持つ酵素です。

Amberの分類によれば、遺伝学的には、クラスBに分けられます。

メタロβラクタマーゼは、カルバペネマーゼとして機能します。