相溶性と非相溶性とは?

相溶性とは、複数の種類の高分子鎖同士を混合した場合、あるいは、高分子と可塑剤等とを混合した場合に、分子レベルで完全に混ざり合うことをいいます。 なお、逆に、全く混合せずに、相が分離してしまうことを、「…続きを読む

温浸とは?

温浸とは、溶液から析出した直後の、粒径が微小な沈殿を、母液あるいは他の溶媒によって、ゆるやかに温めながら放置する操作のことをいいます。

協奏反応とは?

協奏反応とは、下記の2つの特徴をもつ反応のことをいいます。 ①反応系から生成系への反応の過程で進行する ②分子中の複数の点に、結合の形成や切断が、同時に、また、連続的に発生•進行する なお、協奏反応は…続きを読む

ミリ当量とは(mEq)

ミリ当量「mEq」とは、電解質の量を表示する単位です。 一般に、生体内の電解質など、絶対量が少ないものについて、当量「Eq」の1/103であるミリ当量「mEq」が用いられます。 ちなみに、1当量すなわ…続きを読む

水平化効果とは?

水平化効果とは、酸の解離度を示すパラメータである「酸解離定数(pka)」を測定する際に問題となる現象です。 pkaとは? 酸解離定数pkaは、pka=-log10Kaで定義され、式中の「Ka」は酸の電…続きを読む

アリール基とは?

アリール基(aryl group)とは、単環式または多環式の芳香族炭化水素の環に結合した水素原子を1つ除去することにより生成される基のことです。 例えば、フェニル基(C6H5-)、トリル基(CH3C6…続きを読む

アラルキル基とは?

アラルキル基(aralkyl group)とは、アルキル基(CnH2n+1)の水素原子の1つがフェニル基などのアリール基で置換されているアルキル基をいいます。 アラルキル基の具体例には、「ベンジル基(…続きを読む