濾出液と滲出液の違い

濾出液は、比重1.015以下の液体で、急性炎症の際に、毛細血管の透過性の亢進により局所に現れます。 滲出液は、比重1.018以上の液体で、毛細血管の内圧の上昇によって局所に現れます。